各年総括2014~2016【パリの憂鬱さんの健康管理カラダカラノート】

トップ>メンバー検索>パリの憂鬱さんのトップページ>記録ノートを見る>各年総括2014~2016
17年08月13日(日)

各年総括2014~2016

< 6月のあれこれ
2014年総括

2014年締めくくりの日記

2014年総決算

最近よく考えている、ランキングを記してゆこうと思う。
2014年末に思っていたことのランキングである。

===============================================

スピッツ好きな曲ナンバーワンは
「僕はきっと旅に出る」
に決定した

===============================================

すきなフルーツランキング
一位:マンゴー
二位:もも


フルーツは全般好きだけど、ベスト3に入るのは、このふたつしか今は思い浮かばなくて
たぶん、絶対あるんだけど、思い出したら書こうと思う。


ちなみにマンゴーを一位にするのは、なんか邪道なように思っていたんだけど
ふたつを思い浮かべたとき、マンゴーの方が好きなのは明確であった。

一番好きな果物はマンゴー
なので、もう迷わない

===============================================

2014年数えきれないほど食べたもの
・豆腐
・納豆
・パン
・豆乳
・味噌汁


パンだけが罪悪感の塊だ
2015年なんとかしよう。

それ以外は、今後も、数えきれないほど食べるであろうもの
(決して好物ではない)

===============================================

~ニーチェについて少し語る~

ニーチェにはとにかく何らかの形で常に触れていたい。

漫画でも、ニーチェの思想を易しく説明した説明本でも。

むしろ、本当の本は読んだことがない。

よくきくのが、とらえ方によってどうとでもなってしまう、難しい本だっていうんだ。

だから、そうやって説明してくれる本で、ニーチェとはこういう人だよという人柄さえわかってしまうので、

機会があったら読んでみようくらいにしか思っていない?

かもしれない。


しかし、それにしてもニーチェの教えは、私の思考によくあっている。

===============================================

統合失調症の要因と考えられているもの
・ドーパミンの作用が過剰
(※セロトニンやグルタミン酸やGABAなど、ほかの神経伝達物質も関係していると考えられるようになってきている)
・脳構造の異常(前頭葉や側頭葉の体積減少)




**************************************************
小説を書く

12月25日の朝に突然思いついた小説だ。

**************************************************

神様を信じてました。
そうやって教えられてきたから?
もしかしたら本能だったのかもしれない
だけど、絶対だと思ってたことが、そうじゃないかもしれないって気づいたんだ。
もとい、世の中に気づかされたんだ。
そういうことだって、教えられた。

大人の言うことは絶対だと思ってた。
そうじゃないってわかった今でも、どこかで大人の言ってることを信じてしまうような僕は存在する
困難みたいだ、考え方そのものを変えることは。
一度信じてしまったから
そして、大人大人ってひとくくりにしてるけど
きっと、一緒じゃない。
「きっと」じゃない

絶対そうなんだ。
それに気づくことは、みんな当然のようにしっていることなんじゃないかな。

むしろこうやって僕が、世紀の発見みたいに喜んでいることも「?」なんじゃないか?



というか、話がそれました。僕の頭の中は思考が休まないので、ちょっと記すことをやめますね


**************************************************

「喜びも悲しみも、世の中に人、全員に平均的に訪れるようになってるのよ」

僕がこんなにつらいのに

アイツはのうのうと

笑ってるけど?

悲しんだり、悩んだりするだなんて思えないんだけど?

でも、平均的に訪れるんだっていうんだから、

それがいつなのかなんて、どうでもいい。

僕は今の自分の苦痛を乗り越えるのに、力を費やすことに精いっぱいだった。


精いっぱいだったんだけど、

大人も本も、ときに嘘をつく。

僕にとっては、「きーーーーっ!」ってなるくらい信じられないことなんだけど

なんで真実じゃないことが活字になってるのか。
あたかも本当のことのように綴られているのか。


この日から、本や、人から聞く話が真実なのか、嘘なのか、考えなければいけなくなった。

僕はどんどん不器用になった。

「最近不器用」じゃなくて、もともと不器用だったんだけど
その不器用な自分に気づけないくらい不器用だったようだ。



**************************************************

本で嘘を書いていいんだとしたら、僕だって、僕の思ってることを、本当のことのように
本にできるんじゃないか

そう思った。

僕の信じることを


世の中の人に平等に幸も不幸も訪れるっていう説は、考えたけど、曖昧すぎる。
だから、違うと思う。
誰かが、つらくて、そういうこといって自分を励ましたんだと思った

そもそも、こいうい考えってさ、、

「自分ばかり、なんで不幸なの!」
「アイツばっかり、なんで幸せなの!」

ってときだけじゃない?

「あの子が不幸せでかわいそうだな、自分も、同じような目に合うことになるんだけどね…」って思うかな?

ないとは言い切れないけど
なんか不自然。

前者の方が、なんかあり得る、気がする



そうすると、この言葉が
なんとなく浸透してるこの世の中は、逆恨みとか、いやぁぁな、どよぉぉんとした、そんな空気が漂ってる!?
(これぞルサンチマン)

そういう、ある種、暗い思想を、隠して
明るく人々を励ます、あのコトバ。

僕は、あのコトバが好きじゃなくなった。

励ますため、じゃなくて、信じてたんだ。

しいて言うなら、科学的に。

なんの根拠もないのに

でも、なんの根拠もなさそうで、科学的に信じようとしていた僕が浅はかだったかも。

みんな、しってるんじゃないか?

江戸っ子が妖怪が本当にいないってわかってて楽しんでいたように

僕が江戸時代の人だったら、そんな粋な江戸っ子についていけなかっただろうな。

妖怪さがしずっとしてる子供だったかもね。


**************************************************

僕の考えてることは、キリスト批判によく似ているのかもしれない


---------------------------------------------------------------------------------------------------------
2015年総括



2015締め!
音楽の事しか綴りたくない!
今年言ったライブは30公演くらいだ。
去年と同じくらい。
チケットの数見ると26、7枚だけど、
ミドシンのライブチケットないやつもあったような気がする。
チケット欲しいよね
アルバムに納めて眺めて振り返るのやりたいから
楽しかった。
あぁぁぁ
音楽ぅぅ
ロックンロールぅぅ
日本のロック!

2015年から正式に、ライブで無意識になることを学んだ。
2014年に知って2015年からふんだんにやっていった。

コントロールできないのがいいところ。
コントロールできたら面白そうだけど、
コントロールできるようになったら人間性が嫌なヤツっぽい気がする。

公言しなきゃいいんだけどね
でも、コントロールできるようになって
すこし偉そうに「コントロールできるようになると楽しいんだよ」って言ってる人がいたら
いけ好かないタイプだ。

飼いならしてる自分だからスルーしちゃいそうだけど
そんな自分の姿を頭上少し斜めから見てみたら
きっと反吐がでちゃうかも
自分だから尚更。
気付いてしまった自分の知りたくなかった自分の姿になっちゃうよね~

他人は言ってくれないからね

みんな優しい心の持ち主だから
優しいから言わないんじゃないかも
でも煙たい人間にはなりたくない

一見謙虚みたいな鎧きてる人もアレだけどね。

だから、もっと自分がキライじゃない人間目指してこーぜ2016

2015年楽しかったっす。

ろくに働かないのがよかった。
「少し休んだら働きたくなるよ」って偉い風のおじさんに言われたけど
「そういうもんかな」と思って待っていたけれど一向にその気配が起きなかった。
不安も起きなかった。

そしてフラフラ風来坊やってたら、
何にも駆り立てられなくなった。

やってることは、二十歳前後の頃と変わらないんだけど
あの頃は、なにかしなきゃなぁってくらいは思ってた日々だからね

今回は、根も葉もないこと考えるという思いすらなくなっていたわ

なに考えていたんだろうか。

まぁいーかぁ

そもそも
自分とはこういう人間だって決めつけなくなってから
考える内容が変わっていった。

そして

自分の中ではさほど問題じゃないんだけど
人から見たら面白くない人間になったかもしれない。ということを時々おもう。

ひとりでいると気付けないことさ

人と接して見えてきた自分

淡泊。冷淡ではないけど、冷めてるように見えると思う。

そういう風に思われることに悩みはしないが
申し訳ないなぁとは思う。

共感性

これがない

あーーー

年末だからそのまま書いてる


ここ最近、この場所は音楽ブログと化していた。
2016年もそうする。
デジタル記録装置。

やりたいからやる。

2015年初頭に始まったんだわ人生第四章
ほとんどの日々が序章だった。

やっぱり序章は淡々としてなくては。
なおかつ
ストレスフリー

2016年はちょっと頑張ってみたら
面白い事請け合い!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

数日前に書いてた今年の締めみたいなものが何のことだけよくわからなかった。
だけど、久々に題名付き部分でブログを書いたし2015年締めなので残しておこう。
読み返さなくてもいいと思う。
暗めな感じが漂ってる

以下

: : : : : : :

人に依存みたいなことをしたくないのは、すごく臆病だから
ネガティブ心で「臆病」って使ってるんじゃない
昔はそうだったけど、今は違う。
認めた上での臆病だから、後ろ向きとは違うんだ
治そうと思ってる臆病じゃないから、ココロはさほど苦しくならない
治さなきゃいけない部分とずっと向き合ってると病んでくる。
臆病は好きじゃないから、開き直ったりはしないけど、
別に隠して虚勢をはったりもしない。
時々忘れて、あぁ、自分って。って思ったりもするけど、
こういう答えに辿り着いたことがあったから
悩み続けることはない。
思い出してすぐに元気になって、
そのまま受け入れるんだって思いなおすのさ
ひとつのものや誰かに依存する事考えるから、変なことになるんだ。
依存先はたくさんあった方がいいと今年は学んだ。そうだ。
目から鱗の発想さ。
依存先がたくさんある方が、自立の近道になるって。
すごく好きな言葉だなぁ。
真逆の二つの言葉がこんなにも面白い関係性になることがスゴイ。

================================

脳みそのことについて考えていたんだけど
自分の脳みそがきっと一番好きだ。
脳みそには考え方も、過去の記憶も、未来の希望も、
ほとんどがつまっていて、一番ずっと一緒にいたんだから
好きなのは当たり前だなとは思うんだけど、
ついこの前それに気付いて、自分の脳が愛しくなった。
自分の脳を客観視してるとしてもずいぶんナルシストだなぁと思う。
しかし、他人と心を通わせることが、難しい。
きっと人生は、それが楽しい人には楽しいのかもしれない。
自分と違った考えの意見を聞いて、討論。云々。
楽しそうなのも否めなくはないけれど、
そういう場面を想像したとき、自分が否定されてる光景ばかりを
想像してるから、中々拭いきれないその妄想想像。
だから、ついつい、勝手に他人怖いという考えに最終的に陥っちゃうのやも。
わかんないけどね。
初対面の同等な立場としていられる人とは話せる。(性格が合うかは別)
すなわち人見知りではない。
格差がある場合、普通に話すのにすごく時間がかかる。

これ、答えでないからやめる。

================================

人間なんて簡単な生き物なのに勝手に難しく考えて自分の事でいっぱいなのに
無駄に考えなくちゃいけないのが嫌だ。

ひとりでいる時間がご気楽すぎて、いざ人を前にすると
あぁ、こうだったなぁって思うよね。
これからのこと考えるからそうなるんだ。

学校通ってた頃、三か月だけでも、ちょっとだけ嫌になったりした。
個人的に人を嫌いになるんじゃなくて、
人と接してて生まれてくる自分の考えみたいなことに悩むことが面倒だった。
面倒なことがきらいなんだ。
人と関わると、そういうの気にしなくちゃならない。
自分がどう思われるとかは自分の中では、問題じゃない。
だけど、自分の発したコトバとかに人が傷ついていたり、
イライラしてるかもしれない、のが嫌だ。
心ない自分の言葉と、それに対して悩んだときに出てくるネガティブな
自分を隠せなくて周囲を巻き込むのが嫌だ。
ネガティブな人を見てるのは自分でも辛いから、自分はそうなりたくないって
思ってるのに、根がネガティブだから、本当にネガティブになったとき
すんなりそうなっちゃうんだ。

ネガティブにも色々種類あるよね。

私は別に自分の生き方に疑問を抱いていたり、このままじゃダメだって
思わない、ポジティブ人間なんだけど、
このポジティブによって人にイラつかれるのが怖い。
それによって、極端に、発しない方がいいな、とかいう思考になって
あからさまに違うような人間になってしまう自分がわざとらしくて嫌だ。

もっと他人のこと考えられたらいいのかもしれないけど
それができない自己中みたいな人間なんだ。
自分の事しか考えれない!って言い切ってたけど、カッコ悪いな…

しかし、それが真実。
自分なりに他人を気遣うのが、すべての人に共通していいことじゃないって
考えたら、むなしい。
それを億劫に思う人もいるだろうし。

ところで、人って、「この人はこんな人だ」ということを第一印象でなんとなく
わかるらしいという事が判明した。

自分と合う人などをかぎ分けられるということだろうか?
私はあんまりわからない。
だから、初対面の時は、誰彼かまわずそのままの自分でいって、最終的に玉砕する。

本当にいい人に出会ったときは救われる。
だけど、コイツうざいなって思われてるかも!

こんなネガティブやめようや。

だれか教えてくれないか?

人はどこまで人を信用してないの?
どこまでココロ開いていいの?
どうして構えるの?
どうやってしてたらいいのだろうか。

過去の経験上、「この人怖いな」って思う人もいた。
陰口ばっか言ってる人。
それって一般的なんだろうか。

私のこの聖人ぶってるところもいけ好かないところだと思われる。

まーいーかーーー

急にめんどくさくなった。

なんにも考えないのがよろし。
そんなキャラなのに、急に考え出してネガティブっぽくなったら
自分でもそれは嫌いなキャラだもん。

自分を嫌ってまで他人に気を使うことないか。
しかも、人のココロは、自分は全然わかんないし。

この世の中の三分の二の人は、人のココロわかってるんだろうな~

私は、人のココロ、わからない人間の三分の一の方
マイノリティ!

いつだって少数派だったはずさ。
先駆けてこう

二年後にはおさらばかもよ?

環境の変化が苦手だから、
違う問題にシフトしてるだけかも。
ただ、新しいこと覚えるのが億劫なだけなのに。

優しい人を傷つけたくなかったら
頑張り過ぎない程度に優しい人を想ってあげたらいいと思うよ。

哲学好きとかいって、
沢山自分にしみこませたつもりでいるのに、
世間に出てみると、忘れちゃうんだね。

机上でしか入ってきてないなんて!

===============================

いつでもここにいるからね。の人
一緒に輪廻の果てへ飛び降りよう。の人

どっちもいいなぁ

===============================
水木しげるの密着映像。
当時66歳。

貸し本の場合は一冊の責任ですから
一冊描いてとにかく売れなければいけないと。
「売れなきゃお前の責任だ」って訳ですよ。
ところが雑誌の場合はそのつど編集者がみて
どうこういう訳ですけども
結局、格闘させろっていうことですね、格闘。
これが入ってきたんですよ
これは重要な問題だったんです。
貸本時代は格闘がなかったんです。
鬼太郎はお化けをやっつけなかったんです。
全国をブラブラ放浪としとったような感じなんですよ。
必ずしも格闘はなかったんです。
ところが雑誌となったら一話一話格闘して
妖怪をやっつける事に変わった訳です。
これが大変なんです。
私は正義のヒーローが出てきてやっつけるってことはね、
あまり好ましい事じゃないですよ。
だから、それをあざ笑う意味でね
ねずみ男が登場するわけですよね。
正義のあれが出てきてやっつけるというのは
ある意味から見ると滑稽でしょ?
「バカじゃないかな?」ってな考え方もできますからね。
あまり単純すぎてね
それで鬼太郎が子どもだから単純でもいいですよ。
ただやっつけるだけ
一体何のためとか…
ただで意義の為ですよ
それをあざ笑う意味でねずみ男を登場させる訳ですね。
そうするとリアル感が出てくるわけですよね
ねずみ男の口先でどうにでも話の筋がうまく展開できるんですよね
鬼太郎だけだと硬直するんです話が
恐らく鬼太郎はリクルートがやってきても
リベートは受け取らないだろうしね
ねずみ男は受け取りますから
…というふうにねずみ男だと現実の人間らしいから話がわかりやすくうまく運ぶんです。
鬼太郎ってのはよく考えてみると変わり者ですからね
お化けをやっつけるけど何ももらわないから
「バカじゃないか?」って。しかも何回となく繰り返すでしょ?
バカバカしいほど。
それがまた滑稽なんですよね
大まじめにやるところが。
それを笑うねずみ男がいないとやっぱりうまくいかない訳です。

==============================
記憶のメカニズムは海馬だけでは無い事が分かってきました。
脳の様々なパーツを連絡するネットワークが判明したのです。
これが物事を覚えるインプットのメカニズム。
【海馬⇒乳頭体⇒視床前核⇒帯状回】

思い出す(アウトプット)ことは脳の前頭前野という部分が重要。

基本的にはすべての体験が残るようにできている
残すって決めてないのに残ってしまう
脳のどこかにはしまってある

---------------------------------------------------------------------------------------------------------
2016総括

2016年トップニュース30

・マイコード
・デヴィッドボウイの死
・ロックの細道in秋田
・フジファブリック柏パルーザ
・ボヘミアンズ7thアルバム発売
・ボヘミアンズ握手会
・エレカシZepp東京2日目Aブロック
・ボヘミアンズ愛で行こうツアーin千葉LOOK
・ボヘミアンズ愛で行こうツアーin仙台
・スピッツ「醒めない」発売
・エレカシ野音
・ジャニ会気まずさ
・宮下さんとJAPANJAM
・今の仕事の恵まれさ
・父親の病気
・ひろたん節約モード
・叶わぬ名古屋4人遊び
・ボヘミアンズ清志郎イベント
・ボヘイベ(高円寺HIGH)
・荒吐
・壮平弾き語りライブ
・根津神社通い
・鈴木さんと島田さん
・Droog命題の良さ
・Droog再度メジャーへ
・Drop'sライブ
・七夕イベント・アイスクリームサマー4

・遠征(長野・名古屋)


以上


コメントを書く
コメントを書き込むには、ログインが必要です。
ページTOPへ戻る↑
シェアする