万ちゃん記 (880)【 Cafe Amazon(カフェ・アマゾン (アメィゾン)】~今回(今年)こそリバウンドしない!【さわやか?万ちゃんさんの健康管理カラダカラノート】

トップ>メンバー検索>さわやか?万ちゃんさんのトップページ>記録ノートを見る>万ちゃん記 (880)【 Cafe Amazon(カフェ・アマゾン (アメィゾン)】~今回(今年)こそリバウンドしない!
19年06月12日(水)

万ちゃん記 (880)【 Cafe Amazon(カフェ・アマゾン (アメィゾン)】~今回(今年)こそリバウンドしない!

< 万ちゃん記 (87...  | 万ちゃん記 (88... >
万ちゃん記 (880)【 Cafe Amazon(カフェ・アマゾン (アメィゾン)】~今回(今年)こそリバウンドしない! 画像1 万ちゃん記 (880)【 Cafe Amazon(カフェ・アマゾン (アメィゾン)】~今回(今年)こそリバウンドしない! 画像2

【昨日の事&今日起床時の感想】 (今日起床時の体重/体脂肪率/腹囲/昨日の運動 = 測定無し / ジム&エアロバイク)

◯ 昨日は、ジムで運動。


☆ 当地では、約20年前(1998年)に「スタバ」が進出して以降、欧米風のコーヒー文化が広がってきたようで、
現在、「スタバ」が約200店、同じく米系の「オーボンパン(au non pain)」が約100店、首都中心部を中心に更に店舗を増やしている。

一方で、ほぼ同時期にスタートした、ローカル系列の『Cafe Amazon (カフェ・アマゾン)』というチェーンのコーヒーショップがあって、
こちらは最初郊外の道路&ガソリンスタンド併設から発展してきて、今や都心部にも店舗を増やし、約2000店あるそう。

「スタバ」が当地のコーヒー文化の進化をリードしてきたのは間違いないが、価格が1杯 100バーツ(=約350円)とあれば、
現地の庶民にとっては、高くついている。(au non painも、スタバと同レベル、90-95%の値段)

『Cafe Amazon』は、よいコーヒーをリーズナブルな価格で、ということで、1杯 50バーツ (=約180円)程度ということで、
「スタバ」の半分、という戦略をとっている。

「値段なり、、」という言葉もあるように、「スタバ」と比べると諸般見劣りするところも多いが(味以外に、
Wifiが無い店舗も多い、ビルの奥にある、など)、過去主力店だった屋台型 (=1杯 20バーツ、70円程度)と比べると、
チェーン店っぽい水準には達している。

ちなみに、この『Cafe Amazon』は、ネット通販の「Amazon (アマゾン)」とは全く関係なく、
当地の大手石油会社(ガソリンスタンドも展開)の系列。

20年前はまだネット通販もそれほど普及していなかったので、こちらに言わせれば、
『Cafe Amazon』の方が先に展開、ということかも、、、、

なお、この『Cafe Amazon』、東日本大震災後の福島県川内村に第一号店、和歌山など、
日本でも、徐々に出店を増やしているそう。

日本語での発音は、「カフェ・アメイゾン」にしているらしく、こちらは、ネット通販の方に配慮しているよう。




コメント
taka@Tn 2019/06/12 09:03
バーツのレートはNT$と同じくらいですね!
当地でもスタバは人気ですがやはり高いです!軽く一食分が浮きますから私は一人では絶対に行かないですけどね。
 さわやか?万ちゃん 2019/06/12 12:40
レス&コメント有難うございます。

最近(この一週間)、写真が添付出来ないことがあるので、追って写真は添付します。

当地の、現地の方々の、ランチの値段は、40~50バーツ(麵や飯一杯)、屋台のコーヒーやジュースが20-30バーツ、という感覚の中で、
米系のコーヒー店(スタバ、au bon pan)の、100バーツ(=約350円)は、おっしゃる通り、かなり高いですね。

ただ、都心のそれなりの企業に勤めている現地の方々は、200バーツする和食のランチが人気だったりするので、スタバも流行っているのでしょう。
「Cafe Amazon」(50バーツ)は、その中間を狙った戦略なのですね。
taka@Tn 2019/06/12 13:35
↑写真アップ不可のときは過去2回は速攻で事務局にクレーム入れたら即改善しましたが、こう度々続くと慢性的な容量オーバーなんじゃないかと思いますね。
コメントを書く
コメントを書き込むには、ログインが必要です。
ページTOPへ戻る↑
シェアする