[かかりつけ内科]に関する記録ノート【健康管理カラダカラノート】

トップ>メンバー検索>komokomoさんのトップページ>記録ノートを見る>[かかりつけ内科]に関する記録ノート

[かかりつけ内科]に関する記録ノート

04月10日 泰山府君(たいざんふくん) 【かかりつけ内科】
「中国の泰山の山神。人の寿命をつかさどる神」
朝一、皮膚科へ。
ファミリーマート用賀の杜店にて本格肉まん、たまハムミックスサンド、新)ブレンドS。
急激な寒気、午後はこの地元入間でも雪が降ったそう、、、

コメント(0) 続きを読む
03月29日 大驚失色(たいきょうしっしょく) 【かかりつけ内科】
「たいそう驚き恐れ顔色を失う」
類:瞠目結舌(どうもくけつぜつ)
出張先にて朝ラン、ラジオ体操!
一旦帰宅してニャンコを再びペットクリニックへ。
コープ武蔵藤沢店にてビーフシチューF、ミニチュロス、Aホットブレンド。
帰社して四半期会議。
コメント(0) 続きを読む
02月01日 相思相愛(そうしそうあい) 【かかりつけ内科】
「男女が互いに慕い合い愛し合っていること」
ワオ! もう2月!
同僚と梟小路にて海老天蕎麦。
久しぶりに三茶のかかりつけ内科に行く。
薬がなくなって2週間ほど。
やっぱり薬がないと血圧が上がる。
コメント(0) 続きを読む
10月11日 石破天驚(せきはてんきょう) 【かかりつけ内科】
「このうえなく音楽が巧妙なこと。また、詩文が非常に奇抜ですぐれていること。石が破れ、天がびっくりするほど巧妙であるという意」
かかりつけ内科へ。
病院で計測、130/82。
待ち時間を利用してEVERYDAY MEALSにてベトナムチキン、週替わりスープ(パンプキン)セット。
開店して未だ二日目らしい、サードバーガーに行こうか迷ったが、店頭に出ていた店員さんの勧めで入ってみる。
コメント(0) 続きを読む
07月09日 隋侯之珠(ずいこうのたま) 【かかりつけ内科】
「貴重な宝玉、天下の至宝をいう。中国春秋時代、諸侯の隋侯が傷ついた大蛇を助け、そのお礼に大蛇がくわえてきたという宝玉のこと」
類:和氏之璧(かしのへき)・隋珠和璧(ずいしゅかへき)・随和之宝(ずいかのたから)
珍しく今朝はサンマルクでモーニング、日替わりでパンの種類が替わるらしい。
ファミマ白幡仲町店にて全粒粉Sたまごと野菜サンドイッチ、Hスパイシーチキン。
昨日のアイス総選挙で一位だった明治エッ...
コメント(0) 続きを読む
04月05日 生老病死(しょうろうびょうし) 【かかりつけ内科】
「人として免れえない四つの苦悩のこと。四苦」
類:四苦八苦(しくはっく)
久しぶりにかかりつけ医院へ、血圧あんまり低くなってないということでお薬を追加。
今回改善なければちょっと他の手段を考えた方が良いか??
院内で計測したら140/90。
マクドナルド1号線戸塚平戸店にてグランクラブハウス、プレミアムローストコーヒーS。
コメント(0) 続きを読む
12月25日 十万億土(じゅうまんおくど) 【かかりつけ内科】
「極楽浄土のこと。仏教語で、この世から西方の阿弥陀仏がある極楽浄土に至るまでの非常に遠い道のりの意」
類:極楽浄土(ごくらくじょうど)・寂光浄土(じゃっこうじょうど)
今年最終週! 精力的に挨拶回り。途中かかりつけの内科にも寄る。
血圧数値変わらず高いので冬の間だけ少し薬の量を増やしましょうかということで毎朝8mgの
1錠に増やす。 これで少しでも下がればいいけど、、、健診の結果は100点満点との...
コメント(0) 続きを読む
09月15日 死生有命(しせいゆうめい) 【かかりつけ内科】
「人の生き死には天命であり、人の力ではどうすることもできない」
ナチュラルローソン成城六丁目店にてナチュラルローソンハムチーズタマゴサンド、ナチュラルローソンブランのドーナツ、オイコス脂肪0パンプキンMACHIアイスカフェラテ。
久しぶりに三茶のかかりつけ医に行く。
132/84との事。ここに来ると落ち着いた気持ちになるからか?
次回は漢方の事を調べて処方してもらうのもありか?
食後2時間経った時...
コメント(0) 続きを読む
06月08日 沙羅双樹(さらそうじゅ) 【かかりつけ内科】
「釈迦が涅槃に入ったとき、その四方に二本ずつあったという沙羅の木」
いつものカフェにて朝活。
ナチュラルローソン成城六丁目店にてナチュローブランのドーナツ、シーチキン&コーンサラダ(ナチュローカロリーカットシーザーサラダ)、とり天(3個)、。
アポ急遽キャンセルになり、かかりつけの病院に向かう。
午後も帰社前にいつものカフェに寄り20分ほどセカケン勉強。
試験範囲すべてはノートにまとめられずに終わ...
コメント(0) 続きを読む
03月09日 刻舟求剣(こくしゅうきゅうけん) 【かかりつけ内科】
「時勢の推移を知らず、古い考えや習慣を固守する愚かさのたとえ」
故事:春秋時代、楚の人が舟で川を渡ったとき水中に剣を落とし、あとで探すときの目印に剣の落ちた船べりに刻みのしるしをつけ、のちに水中に入って探したという故事から。
類:守株待兎(しゅしゅたいと)・旧套墨守(きゅうとうぼくしゅ)
カフェベローチェ池袋サンシャイン前店にてカマンベール•ハムサンド、ブレンドコーヒー(ふちねこ持参で30円引き)...
コメント(0) 続きを読む