万ちゃん記 (766)【 魚へん (Vol.1) & 「鯰」 】今回(今年)こそリバウンドしない!【さわやか?万ちゃんさんの健康管理カラダカラノート】

トップ>メンバー検索>さわやか?万ちゃんさんのトップページ>記録ノートを見る>万ちゃん記 (766)【 魚へん (Vol.1) & 「鯰」 】今回(今年)こそリバウンドしない!
19年02月18日(月)

万ちゃん記 (766)【 魚へん (Vol.1) & 「鯰」 】今回(今年)こそリバウンドしない!

< 万ちゃん記 (76...  | 万ちゃん記 (76... >
万ちゃん記 (766)【 魚へん (Vol.1) & 「鯰」 】今回(今年)こそリバウンドしない! 画像1 万ちゃん記 (766)【 魚へん (Vol.1) & 「鯰」 】今回(今年)こそリバウンドしない! 画像2 万ちゃん記 (766)【 魚へん (Vol.1) & 「鯰」 】今回(今年)こそリバウンドしない! 画像3

【昨日の事&今日起床時の感想】 (今日起床時の体重/体脂肪率/腹囲/昨日の運動 = 測定無し / ジム&エアロバイク)

◯ 昨日は、ジムで運動。


☆ 最近、小説やビジネス書と並行して、『魚へん漢字講座』という本を読んでいる。

『魚へん』がつく漢字、安い?寿司屋の湯呑み茶碗に書いてあるような魚の名前だけでなく、
その加工品や、魚類とは直接関係ない擬音語まで、紹介している。

時折り「漢字ドリル」をやったり、追って紹介するが、「読みにくい、難しい漢字の本」を読んだりしているが、
それらは、単に漢字の読みを知りたい、思い出したい、頭の体操的な動機から。

一方で、この『魚へん、、、』の本は、各々の漢字の由来に加え、魚の種類や生息動体、
主な調理方法や食べ方、地方ごとの呼び名の違い、なども紹介されている。

単なる漢字学習だけでなく、知っているようで十分にわかっていない魚のことを、
あらためて認識出来て、なかなか面白い。

今回は、同本の中では比較的簡単な『魚へん』、『鯰』(なまず)。これ、自分は知らなかった。

本「記」でネタ切れになった時に、ユニークな、知らなかった『魚へん』漢字のこと、話してみたい、、、、



コメントを書く
コメントを書き込むには、ログインが必要です。
ページTOPへ戻る↑
シェアする